肋間神経痛って何

肋間神経痛って聞いたことはあるけれど、どんなものなのかきちんと理解している人はそう多くないのではないでしょうか。

肋間神経痛は、体の側面や背中、肋骨に沿って強い痛みが出るものです。

神経痛は、筋肉が痛むものではなく、末梢神経の通っている経路に沿って痛むものです。

ビリビリと電気が走るような感じの痛みですが、長い間持続するものではありません。

しかし、繰り返して起こる場合があるので、肋間神経痛は辛いものだという人が多いです。

帯状疱疹に罹った後に、肋間神経痛を訴える人もいます。

胸のあたりが痛むので、心筋梗塞や狭心症かと思い、病院に行ったら肋間神経痛だったということがあります。

参考サイト≫肋間神経痛を治したい│漢方薬の健康堂薬局

また、肋間神経痛だと思っていたら実は心臓が・・・ということもありますので、もしかしたらと思ったら、病院で診察してもらうのが一番良いと思います。

肋間神経痛は、体をひねったり伸ばしたりしても痛むのでだいたいそれで心臓病と区別はつくようですが、素人判断は危険です。