不用品回収の業者に依頼する前に気を付けておきたいこと

横浜でも不用品回収の悪質な業者の手口が非常に巧妙化しています。

気をつけないと凄まれたり法外な額を請求されたりもします。

実状をお話ししましょう。

◇知らなくても不法な業者に依頼していることが。

横浜市でもどこの市でも同じようなものだと思いますが、不用品回収には正規のルートとそうでない不法なルートの2種類があります。

本来不要品は定められた方法で最終処理されるべきですが、不法に回収されてしまうと環境悪化に繋がるような闇の投棄場所に捨てられたりもします。

知らないうちに依頼している可能性もあります。

◇横浜で多発している不用品回収の手口。

不用品回収を希望する依頼者に業者は、「ゴミの仕分けはこちらでする」、「当社の不用品回収は一括で行なうのでお客さんは楽」などと言って依頼をとりますが、実のところは、不用品回収の回収代金と手数料は別々になっていて、あとから「別途手数料」などという名目で高額な請求書が届くことがあります。

横浜の不用品回収でもベスト3に入っている被害報告です。

◇居直り強盗ならぬ、居直り不用品回収業者もいます。

横浜がすべてではありませんが不用品回収の手口は悪質化しています。

正式に依頼していないのに、声をかけただけで不用品回収といって門の中に入ってくる強引な業者もいます。

敷地の中や玄関に入れてしまうと、あとは居直って、高額な不用品回収代金をむしり取る業者もいます。

気をつけましょう。