葬儀を知らせる範囲と連絡のタイミング

千葉で葬儀を営む際、連絡のタイミングに悩んでしまうことがあります。

故人の関係者への連絡範囲や伝え方を知り、有事のときに備えましょう。

◇千葉で葬儀をする際の関係者への知らせ方

故人が死亡したことを知らせる人は、臨終に立ち会えなかった家族や近親者、故人と親しかった友人、知人、勤務先や学校関係者などです。

その中から、まずはすぐに知らせる必要がある人と千葉の葬儀の日程が決まってから連絡する人に振り分けます。

故人がエンディングノートなど、知らせてほしい人のリストを作っていたら、漏れがないよう必ず連絡しましょう。

※ご参考:【茨城新聞】エンディングノート配布 龍ケ崎市 自身の最期見つめて

遺族がすべての関係者に連絡するのは負担がかかるため、それぞれ代表者2名くらいに通知して、その人を通じてほかの人への連絡を頼むとよいでしょう。

必要であれば葬儀などでお世話になることもある隣近所や町内会にも連絡を入れておきます。

合わせて菩提寺の僧侶など、葬儀でお世話になる宗教者へも連絡をとっておきましょう。

新聞に死亡広告を出す場合は、葬儀社に依頼すれば代理店を通して手配してくれます。

広告の掲載は、葬儀の前々日の朝刊に出されるのが一般的です。

◇死亡の電話連絡の方法

故人の死亡を電話連絡する場合、要件を完結に伝えることが大切です。

まず故人との関係を伝え、亡くなった日時を伝えます。

葬儀の日程が決まってから連絡するときは、通夜や告別式の日時と場所を知らせましょう。

仏式や神式など、葬儀の方式についても一緒に知らせておくと安心です。