千葉で葬儀を行うときの寺院などへの連絡方法

千葉で葬儀を行うときは、宗派により寺院など各所への連絡方法が異なります。

依頼先の都合もあるため、なるべくスムーズに依頼できるよう連絡方法を覚えておきましょう。

◇仏教で葬儀を行う場合

仏教で葬儀を予定している場合、亡くなったあとなるべく早く千葉の菩提寺に連絡をして葬儀の日程や読経する僧侶の人数などを相談する必要があります。

合わせて戒名もお願いしておきましょう。

通夜や葬儀、お布施の金額も確認しておくと安心です。

菩提寺が遠方にある場合も、近くの同じ宗派の寺院を菩提寺から紹介してもらえます。

菩提寺があるにもかかわらず連絡をせず、葬儀社に紹介してもらった僧侶に葬儀をお願いしたり、戒名をつけてもらったりすると菩提寺に納骨ができなくなることがあるので気をつけましょう。

◇神道で葬儀を行う場合

神道で葬儀を予定している場合、故人が氏子となっている神社の神官に連絡をして通夜や葬儀の日程を決めます。

氏神(神社)がわからなければ、葬儀社に葬儀をつかさどる神社を紹介してもらいましょう。

神道では葬儀は神社では行わないため注意が必要です。

自宅か葬儀会場で行うので、式場の相談も同時進行で行いましょう。

◇キリスト教式で葬儀を行う場合

故人の所属教会に連絡をして、通夜や葬儀の依頼をするのが一般的です。

なるべく迅速に日程の相談をしましょう。

臨終に神父や牧師が立ち会っている場合はそのときに相談してもいいでしょう。

どの形式で葬儀を行う場合も、依頼や日程の相談は迅速に進めるようにしましょう。